Web会議・テレビ会議のインターネット. オンライン ビデオ会議のソフトウエアとシステム開発のAGT Japan

AGT Japanは、PCのソフトウエア開発を中心としたサービスを、提供しております。 主な製品とサービスをご案内いたします。無料ダウンロード のある事案は、無料デモプログラムが、 Webサイトよりダウンロードできますので、ぜひ、お試しください。

AjaxのWebサイト

AjaxのWebサイト

Google MapなどのWebサービスを利用した先進のWebサイトの作成を、 承ります。

Ajax で読み替えなしの並び替え、ドラッグ アンド ドロップなど、 いままでにないインターフェースを、 ご提案申し上げます。

Second Lifeに連携するWebサイト作成なども、 ご提案申し上げます。

P2P ライブチャット  無料ダウンロード

ライブチャット エンジン

ライブチャット システムと、 ビデオ会議、 テレビ電話部分のモジュールであるライブチャット エンジンをご提案申し上げます。

Hybrid P2P を利用した双方向が可能です。

オンライン学習塾  無料ダウンロード

教育用オンライン学習塾

教育用のオンラインアプリケーションです。画像、音声、ホワイトボードを、 講師と生徒が共有し、録音/録画が可能です。

ログインにより、 管理人、講師、生徒、聴講者で、 役割わけができます。

オンライン英会話

オンライン英会話

スカイプとテレビ会議を利用してレッスンをするオンライン英会話スクールの、 プロトタイプのサイトです。 クレジットカード決済は、PayPalを採用しています。

ご参考になればと存じます。

オンライン セミナー  無料ダウンロード

オンライン セミナー

講師が、画像と音声を利用して、 セミナーや体操のデモができるのが、オンライン セミナーのプログラムです。

双方向ですので、受講者が発言することもできますし、 録音/録画も可能です。

リレーサーバをつなげることで、 数百名の受講も可能です。

オフショア 開発

オフショア 開発

インドでのソフトウエア開発を、 サポートさせていただきます。

Chennaiを中心に、 多様なソフトウエア開発に対応ができます。 AGT Japanが提供しています各種ライブチャット エンジンも、 インドで開発しました。

エコーキャンセラ  無料ダウンロード

エコーキャンセル

高機能エコーキャンセラ FDSEC を開発しました。 周波数による変調と、それを補完する調整機能により、 DSP 内蔵のハードウエア エコーキャンセラに匹敵するパフォーマンスを、 ご提供します。

リモートアクセス

リモートアクセス

Web会議のリモートアクセスで、 遠隔地のPCのデスクトップを制御することができます。

ネットワークの設定が必要なRealVNCなど、 フリーのリモート デスクトップ ソフトとはことなり、 インストールするたけで、利用が可能です。 また、VPN環境へのカスタマイズも承ります。

ポート開放ツール  無料ダウンロード

ポート開放ツール

UPnPが利用できるルーターを対象に、 指定した tcp ポートをマップ (フォワード) する BssUpNp ポート開放ツールを、 フリーで公開しております。

ややこしいネットワークの設定から解放されます。

ログも表示されますので、 ルーターの解析にもつかえます。

SEO 対策を考える

SEOとTPD

検索エンジン対策 SEO を、 みなさまとともに、 検討しませんか? 当方やみなさまのSEOに関する情報を交換して、 上位表示を実現しましょう。

とくに、 突然の圏外追放の Yahoo! TPD (トップページダウン ペナルティ)対策は、 参考になるとおもいます。

コールセンター システム

コールセンター システム

コールセンターの仕組みは、 巨額の費用がかかるとされています。 AGT Japanのご提案するシステムは、 ウェブ会議システムの仕組みを利用した低価格ハイパフォーマンスのアプリケーションです。

NEWS & TOPICS

特定の参加者の音声のエコーがひどい。ヘッドセットしていても、エコーが聞こえます。

エコーキャンセラ T-Clientは、エコーキャンセラ FDSEC を実装していますので、ヘッドセットなしでも、通常の利用方法では、エコーを軽減して快適な会議ができるように、設定してあります。

もし、特定の参加者のみ、問題が発生するようでしたら、その PC のサウンドのプロパティで、録音デバイスが正しく設定されているか、ご確認ください。

特に、内蔵マイクのあるノート PCの場合、サウンドカードを正しく設定しないと、エコーが発生しやすくなります。

外部スピーカー Z205 また、たとえ正しく設定しても、ノート パソコン自体がエコーに配慮した設計をしていない場合は、エコーを拾います。 このような場合は、外部スピーカーを使いましょう。ノートパソコン用のコンパクトな外部スピーカーも発売されています。

なお、ここで述べているエコーとは、自分の音声が、遠隔地の端末のスピーカーから再生されて、その音声を遠隔地のマイクが集音し、ふたたび、自分のスピーカーから再生されることです。この時、FDSEC は、自分の音声を識別して、その音量を下げる働きをします。このとき、自分のパソコンの録音デバイスの設定が正しくないと、FDSEC がはたらかず、会議参加者全員に、エコーの送信を許してしまうことになるわけです。

すなわち、エコーの発生を許してしまうパソコンが会議に参加してしまうと、そのパソコンのマイクから集音される音声がエコーとなり、会議全体がエコーが蔓延することになってしまいます。

なお、"Cancel Echo" のチェックは、スピーカーとマイクを利用する場合は、チェックを入れた状態で利用することをおすすめします。ヘッドセットを利用している場合、チェックが入っているために生じる問題はありませんが、環境によっては、チェックを外す方が、よい音声となることがありますので、できれば、両方、お試しください。

会議用マイクスピーカーをご利用の方は、こちらをご覧ください。

このページトップへ
閲覧日: 2019-06-16 17:55