Web会議・テレビ会議のインターネット. オンライン ビデオ会議のソフトウエアとシステム開発のAGT Japan

AGT Japanは、PCのソフトウエア開発を中心としたサービスを、提供しております。 主な製品とサービスをご案内いたします。無料ダウンロード のある事案は、無料デモプログラムが、 Webサイトよりダウンロードできますので、ぜひ、お試しください。

AjaxのWebサイト

AjaxのWebサイト

Google MapなどのWebサービスを利用した先進のWebサイトの作成を、 承ります。

Ajax で読み替えなしの並び替え、ドラッグ アンド ドロップなど、 いままでにないインターフェースを、 ご提案申し上げます。

Second Lifeに連携するWebサイト作成なども、 ご提案申し上げます。

P2P ライブチャット  無料ダウンロード

ライブチャット エンジン

ライブチャット システムと、 ビデオ会議、 テレビ電話部分のモジュールであるライブチャット エンジンをご提案申し上げます。

Hybrid P2P を利用した双方向が可能です。

オンライン学習塾  無料ダウンロード

教育用オンライン学習塾

教育用のオンラインアプリケーションです。画像、音声、ホワイトボードを、 講師と生徒が共有し、録音/録画が可能です。

ログインにより、 管理人、講師、生徒、聴講者で、 役割わけができます。

オンライン英会話

オンライン英会話

スカイプとテレビ会議を利用してレッスンをするオンライン英会話スクールの、 プロトタイプのサイトです。 クレジットカード決済は、PayPalを採用しています。

ご参考になればと存じます。

オンライン セミナー  無料ダウンロード

オンライン セミナー

講師が、画像と音声を利用して、 セミナーや体操のデモができるのが、オンライン セミナーのプログラムです。

双方向ですので、受講者が発言することもできますし、 録音/録画も可能です。

リレーサーバをつなげることで、 数百名の受講も可能です。

オフショア 開発

オフショア 開発

インドでのソフトウエア開発を、 サポートさせていただきます。

Chennaiを中心に、 多様なソフトウエア開発に対応ができます。 AGT Japanが提供しています各種ライブチャット エンジンも、 インドで開発しました。

エコーキャンセラ  無料ダウンロード

エコーキャンセル

高機能エコーキャンセラ FDSEC を開発しました。 周波数による変調と、それを補完する調整機能により、 DSP 内蔵のハードウエア エコーキャンセラに匹敵するパフォーマンスを、 ご提供します。

リモートアクセス

リモートアクセス

Web会議のリモートアクセスで、 遠隔地のPCのデスクトップを制御することができます。

ネットワークの設定が必要なRealVNCなど、 フリーのリモート デスクトップ ソフトとはことなり、 インストールするたけで、利用が可能です。 また、VPN環境へのカスタマイズも承ります。

ポート開放ツール  無料ダウンロード

ポート開放ツール

UPnPが利用できるルーターを対象に、 指定した tcp ポートをマップ (フォワード) する BssUpNp ポート開放ツールを、 フリーで公開しております。

ややこしいネットワークの設定から解放されます。

ログも表示されますので、 ルーターの解析にもつかえます。

SEO 対策を考える

SEOとTPD

検索エンジン対策 SEO を、 みなさまとともに、 検討しませんか? 当方やみなさまのSEOに関する情報を交換して、 上位表示を実現しましょう。

とくに、 突然の圏外追放の Yahoo! TPD (トップページダウン ペナルティ)対策は、 参考になるとおもいます。

コールセンター システム

コールセンター システム

コールセンターの仕組みは、 巨額の費用がかかるとされています。 AGT Japanのご提案するシステムは、 ウェブ会議システムの仕組みを利用した低価格ハイパフォーマンスのアプリケーションです。

NEWS & TOPICS

KVMの仮想化環境で稼働する Windows で T-Client がつかえますか?

dws maintenance Linux で提供される仮想化技術のKVM で稼働する Windows で、T-Client が使えるか、試してみました。 ホスト マシンは、Fedora14 に 32 bit CPU Intel Core i3 (3.33 GHz x 4) です。

この環境では、Windows 7 と Windows Vista は、画像、音声ともに、稼働しました。 Windows XP は、ログインは可能ですが、正常終了できないことがありました。

また、複数のゲスト OS を稼働し、それぞれ T-Client でログインした場合、CPU の負荷超過による切断が発生することがありました。

なお、仮想環境での動作を保証しているわけではありませんので、導入の際は、お客様の責任でお願いします。

KVM での音声のサポートは、初期設定である vnc を使うとき、PulseAudio を root で稼働させるなど、ホストの環境により、工夫が必要です。あるいは、当方では、Spice Server でないと、音声が利用できない環境がありました。

また、音声のボリュームなどは、ホスト側のデバイスで操作することになります。音質は、KVM の制約からか、ノイズなどがはいってしまいます。

このページトップへ
閲覧日: 2021-10-27 5:31